<< ゼブラーマン2見てきたよ | main | インドカレー >>
3D映画
 最近3D映画が増えてきているけど、飛び出してくる3Dにならないと、程なくブームが過ぎて消え去っていってしまうような気がする。今の3D映画って、スクリーン上で物体の前後関係を感じられる、という3Dでしかないので、全然迫力とかに結びついていないと思う。それでいて見ててなんとなく疲れる、というデメリットがあるので……正直自分的にはもう通常版でいいや、と思っている。(しかし両方やっているとついつい3D版の方を選択してしまう……)
 先日ビックカメラに行ったら3Dテレビが展示されていたんだけど、これもやっぱり飛び出してこない3Dだったので(映像ソースに依るのだろうか?)、あまり「欲しい!」という気持ちが沸いてこなかったな。それより CELL REGZA で10局くらい一度に映してる方がかなりインパクトがあった。SFの未来のテレビのようだった。
| 日記 | 00:04 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
むかーし(1985年)茨城の科学万博で見た立体映画は、ちゃんと飛び出して来てた……という覚えがあるんだけどな。手を伸ばせば触れそうと思った覚えがあるもの。あれは一般の映画館では実現できないのかな?
| やんべ | 2010/05/06 8:17 AM |
自分も3Dは飛び出て欲しい派ですw

なんというか…
スターウォーズEP4で出てくるレイア姫のホログラフ映像みたいな感じでしょうか…


現在のは眼鏡が重くて物理的にも疲れるのが輪をかけて残念です。
| 藤兵衛 | 2010/05/06 2:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog-yanbe.magiccircuit.com/trackback/1030551
トラックバック